より良い映像作品にするには、制作フローを把握し、要所で制作会社と話しあうことが大切。

「こんな映像にしたい!」という考えがあっても、いつの間にかどんどん制作が進行してしまい、後戻りできない状態になっていた・・・となってしまってはいけません。
どのような工程で映像を作っていくかを把握していれば、要所で制作会社に要望を伝えることができます。

以下の紹介するのは、一般的な企業向け映像の制作フローです。
皆様がこれから作る映像をより良い作品にするために、 「どこで何をチェックすればいいのか」「どこで自分達の意向を伝えればいいのか」ということのご参考にしてください。

一般的な企業様向けの映像制作フロー

  1. 打合せ(ヒアリング)
    お客様と制作会社で打合せを行います。主に、「どういった映像にしたいのか」「訴求したい内容」「想定している視聴対象」などを詳しくお話して頂く機会です。 (恐らく制作会社側からそのような質問があります。)
  2. 企画・構成
    映像の概要を決めます。多くの場合は、制作会社側から提案があるかと思いますが、お客様と制作会社で企画会議などを行い、詰めていく場合もございます。
  3. 台本作成
    固まった企画・構成をもとに、制作会社が台本を作成いたします。
    尚、台本は一度で決まることは殆んどありません。多くの場合は、制作会社が提出した台本に対し、お客様側でチェック・校正し、二稿、三稿・・・と修正を繰り返して徐々に仕上げて行きます。
  4. ロケハン&撮影準備
    台本が固まってきましたら必要に応じて撮影場所の下見(ロケハン)を行います。
    また、会社の内部の撮影などの際は、お客様側にて、事前にご手配・お手続きをして頂く必要があります。
  5. 撮影
    台本に基づいて撮影を行います。
    尚、台本が固まっていないまま撮影を行うと、台本が完成した際に、「そういうシーンは撮っていない」ということになりかねないので、台本がしっかりと固まってから撮影したほうが無難です。
  6. 仮編集
    本編集をする前に大まかに編集します。
    この時点では、細かな編集作業を行っていないこともあり、お客様は必要な内容・カットが含まれているかといった大枠を確認します。 尚、この時点で仮ナレーションが入っている場合もありますが、制作会社により異なります。
  7. 本編集
    さらに詰めた編集を行います。「訴求内容が伝わる映像に仕上がっているか」「納得のいく映像クオリティに仕上がっているか」といったチェックを行います。
  8. MA
    最終の音入れを行います。
    スタジオで本ナレーションを収録し、BGM・SE(効果音)を加えて映像にミックスダウンします。
    この工程は、殆んどの場合はお客様立会いのもとで行います。お客様は、ナレーションのアクセントのチェック、お客様の業界特有の読み方、表現などをご確認頂きます。
  9. メディア作成
    完成した映像から納品メディアを作成します。
  10. 納品

いかがでしたか?
「映像制作はやることが沢山あり、大変!」と思われた方もいらっしゃるかと思います。
でも心配しなくとも大丈夫です。これらの工程のほとんどにおいて、その都度、制作会社がうまくナビゲートしてくれるはずです。
ぜひ、良きパートナーとなる制作会社を見つけて、良い作品を作られることを祈念しております。

《映像制作ガイドに関するお問い合わせ先》
株式会社アートワークス TEL:03-6661-6017