見れば分かる。
映像の底力をいかんなく発揮。

「取り扱いビデオ制作」のポイント

  1. 徹底したご要望のヒアリング
  2. 商品の機構をしっかりと把握
  3. 視聴者の立場に立った構成演出
  4. 説明プラスアルファの「メリット」も訴求
  5. 要所でしっかりチェックできる確実な制作工程
  • 組み立て説明ビデオ

    組み立て説明

  • 使用方法説明ビデオ

    使用方法解説

  • 調理法説明ビデオ

    調理法解説

制作実績・サンプル視聴はこちら

視聴者の立場に立って、分かりやすさを追求。

人に何かを教えることは決して簡単なことではありません。それは映像を作る上でも同じであるといえます。

当社では、担当するディレクターが、自分でも十分に説明ができるぐらい内容を熟知するように努め、制作に取り組んでいます。そうであってこそ、はじめて理解促進が図れる映像を作れると考えています。

目で見て直感的に分かる。シーン毎にふさわしいカットを丁寧に撮影。

映像は直感に訴えかけるもの。それだけに、取り扱いを説明する映像の場合は、「どういったアングルが分かりやすいか」を十分に検討して撮影に臨む必要があります。

当社では、撮影前にマニュアル等を精査し台本を作成。シーン毎に必要なカットを割り出して、一カットずつ丁寧に撮影を行っております。そうすることで、分かりやすく、見栄えのする映像に仕上げることが出来るのです。

もちろん、短い時間で撮影ボリュームが多い場合は、カメラを複数台用意したマルチアングルでの撮影にも対応しております。

さらなる理解促進に、図解や3Dなども対応。

取り扱い方法を説明するうえで、実写映像だけではどうしても分かりにくいといったケースもあります。そういった際、非常に有効な手段であるのが、図解や3Dによる説明です。

ビジュアル的に方法やその理由、効果を補足説明すれば、確実に視聴者の理解が深まります。

当社は図版、図解の制作はもちろん、3Dグラフィック制作にも対応していますので、どのような種類の説明においても相応しい演出が可能です。

お見積もり・お問い合わせはこちら