視聴者を「ひきつける演出」と「見栄えのする映像」で
施設を魅せる―。

「施設紹介映像制作」のポイント

  1. 徹底したご要望のヒアリング
  2. 施設の長所・設備等をしっかりと把握
  3. 良い映像を撮るための入念な準備と体制
  4. 要所でしっかりチェックできる確実な制作工程
  • 工場紹介ビデオサンプル

    工場紹介ビデオ

  • 施設紹介ビデオサンプル

    施設紹介ビデオ

  • 店舗紹介ビデオサンプル

    店舗紹介ビデオ

制作実績・サンプル視聴はこちら

施設の特長をしっかりと検証し、訴求力の高い構成を提案。

ひとくちに「施設」といっても、工場、公共施設、店舗など、その種類は様々。

映像を制作するうえでも、その施設の特長を徹底的に把握し、見合った「見せ方」をしなければ訴求力の高い映像とはなりません。

そのため、当社ではお客様との入念な打合せにより、施設の全容、特長の把握に努めています。そして、映像を作る目的をしっかり達成できるように、映像のプロの視点から、様々な提案をいたしております。

見栄えのする映像を撮るための、入念な準備と柔軟な撮影体制。

「どのようなアングルが、より見栄えが良いか―。」

このことをしっかり検討するために、当社では殆どの撮影において、事前にロケハン(下見)を行っております。そして、シーン毎にカット・アングルをじっくりと考察し、ベストな画が撮れるように、撮影に必要な人員、機材を揃えて撮影に臨んでおります。

そういった入念な準備と撮影体制が、一つ一つのカットに見栄えをもたらし、最終的に映像全体の完成度を上げるのです。

様々な演出方法で、際立つ施設のイメージ。

どのような施設においても、映像化する際はそれぞれ理想のイメージがあることでしょう。
スタイリッシュ、モダン、レトロ、壮大、真摯・・・etc.

そして、映像において、そのイメージを伝えるための大きな力となるのが、編集などによる「演出」です。「演出」は視聴者に対して直感的にイメージを伝えることができますが、一方で偏った演出をしてしまうと間違った捕らえ方をされたり、誤解を与えかねません。

そのため、演出はある種の固定観念に囚われず、幅広い視点で柔軟に検討していく必要があります。

当社は様々な案件をこなしておりますので、多彩な演出方法の中から「イメージに合った演出」をご提案できます。

お見積もり・お問い合わせはこちら