事例で伝える。
映像だからこそ感じるリアリティ。

「事例ビデオ制作」のポイント

  1. 徹底した下調べにより訴求ポイントをピックアップして構成
  2. 多様なインタビュー撮影にも柔軟に対応
  3. 真に訴えたい内容を軸に演出
  4. 要所でしっかりチェックできる確実な制作工程
  • ビジネスモデル事例映像

    ビジネスモデル映像

  • ケーススタディ事例映像

    ケーススタディ再現ビデオ

  • 導入事例映像

    導入事例映像

制作実績・サンプル視聴はこちら

徹底した下調べが、映像の訴求効果を高める。

「事例を紹介することで、何を伝えたいのか。」

このことをしっかりと検討することが事例映像の成功には不可欠。そのために、まず下調べを入念に行い、必要な要素をピックアップ。そして、訴求したい内容を軸に構成していきます。そうすることで、「分かりやすく、伝わる映像」に仕上げることができます。

事例映像に欠かせない「インタビュー撮影」。

事例映像に欠かせないのが「インタビュー撮影」。リアリティを持って伝えることが大切なので、いいコメントを引き出したいものです。しかし、インタビューを受ける側は、喋ることに不慣れな方も多く、またカメラの前であがってしまい、珍回答をしてしまうこともしばしば。そんな事態にならないようにするには、インタビュアーの腕が問われます。

当社のディレクターは人当たりも良く、リラックスして喋ってもらう術を心得ており、しっかりと回答を引き出せます。また、ご希望により、出演インタビュアーなどの手配も可能です。

真に訴えたい内容を軸にスッキリと演出。

事例映像は訴求効果を気にするあまり、内容を絞りきれずに長く間延びした映像になりがち。そういった映像は視聴者に飽きられてしまい、集中して見ることができないため、結果的に「何が言いたかったか良く分からない」となってしまう恐れがあります。

当社では、スッキリと間延びの無い構成・演出を心がけており、比較的間延びしがちなインタビューにおいても、撮影した多くの素材から訴求内容を吟味して、要所をおさえた編集を行います。

お見積もり・お問い合わせはこちら